スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パク・シニャンが韓国ドラマ「サイン」の日本ロケで負傷して緊急帰国








負傷にかんしては、「途方もないけがではないので…」と
ファンへの気遣いも忘れず、殺人的予定と呼ばれるドラ
マ撮影にかんしてパク・シニャンは「徹夜することも多い。
いつ、誰が倒れてもおかしくない状況」と話したようです。



パク・シニャンの自身のツイッターへの投稿で分かったも
ので「空港で待っていてくださった方々にはあいさつもで
きずに、クルマ椅子で帰国した理由をお伝えしようと考え
ます。軽いけがを負ってしまいました」と、ファンに向け
て語っています



韓国の人気俳優パク・シニャンが、日本で行なわれたドラ
マ「サイン」の広島・尾道での撮影中に負傷して、クルマ
椅子で緊急帰国したことがあきらかになりました。



以前にも「銭の戦争」撮影時にも、終盤では病院から点滴
を受けながら撮影現場に通っていたパク・シニャンですが、
今度は日本でご難となってしまいました。



パク・シニャンの説明によれば、撮影中にふくらはぎに痙
攣をおこし、その場に倒れこんだと言うことで、歩くこと
が困難なためクルマ椅子で帰国したそうです。



パク・シニャン、シン・ドンウク「銭の戦争」OST CD(日本版)



嘗て韓国ドラマでもレコードに残るであろう50%を超える
太レコードを成し遂げた「パリの恋人」の主演俳優、パク
・シニャンですが、レーティング男の異名を取る彼も怪我
には敵わなかったそうです。



関連記事

テーマ : 韓国エンタメ - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : パクシニャン,広島,サイン,ツイッター,尾道,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。