スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒井法子は大麻、コカインも?



酒井法子の失踪、逮捕そして覚せい剤の事件には
連日過大な注目が寄せられ続けています。



社会的な制裁は充分に受けたであろうことに鑑み、
寛大な処置を待望する意見も増える一方で、
次々と暴露されるスターの表の顔と裏の顔のあまりの差に
厳正で厳しい処罰を下すべきだとの主張も多くなってきています。



一部報道では、所持量が微量であったこと、
初犯であること、そして尿検査の結果が陰性であったことを
踏まえて検察が起訴猶予処分に処するのではないか、
との見解を示して世論の動揺を引き起こしています。



YouTubeなど動画サイトで数多く公開されている酒井法子の
クラブでのDJシーンやテレビのインタビューなどでは、
奇行としかいいようのない明らかに言動がおかしいものもあります。



また夫の証言からも数回の使用では済まないなどの状況も
浮かび上がり、内閣の高官からも厳正な捜査と処断を求める
コメントが発表されています。



燃え盛る2ちゃんねるのニュース速報でも、寛大論と厳正論は
相半ばしているようです。
画像サイトや掲示板でも酒井法子はパロディを含め、
引っ張りだこ?の状態が続いています。



ここにきて週刊現代に掲載された記事のように、
大麻やコカインにまで実際に手を染めていれば、
のりピーは単なる重度の麻薬患者にほかなりません。



酒井法子の生い立ちや父親のこと、さらには複雑な家庭環境を
今回の事件と絡めて論ずる向きもありますが、
誰しも背景や事情は持っているものであり理由や斟酌の礎には
なりません。



行方不明中の行動が東京駅や新宿、山梨県身延山、箱根と多岐に
わたるため、宗教団体とくに真如苑と何か関係があるような記事を
書いているブログも多く見受けられますが、今回の事件とは無関係
でしょう。



万一匿っていたことが公になれば、団体の存続にも関わる問題ですから、
今のところ、覚せい剤常用の疑いが濃い酒井法子を庇う理由がありません。
工藤静香の名前も同じ宗教ではないかということと、親友ということで
取り沙汰されていますがどうでしょうか?
連絡くらいは取ってはいたでしょうが・・・。



のりピーブランドの帽子とか全部販売中止の方向ですね。
たとえ不起訴になっても挽回するのはかなり難しくなってきました。

酒井法子 碧いうさぎ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090812-00000021-sph-ent
関連記事

テーマ : 酒井法子 - ジャンル : ニュース

Tag : 酒井法子,2ちゃんねる,生い立ち,宗教,工藤静香,逮捕,YouTube,奇行,クラブ,真如苑,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。