スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピート・ドハーティがナチス時代の国歌を歌って物議




ピート・ドハーティという男、これまでの輝かしい?経歴から今回のドイツ国歌を歌った事件もさしたる考えがあってのこととは受け取られていません。薬物依存がひどい彼のニュースは常にお騒がせ事件としか捉えられてきませんでした。



そんなピート・ドハーティがどういう考えで、ドイツでは戦後ナチスのイメージを喚起させるため忌避されてきた、ドイツ国歌の一番を歌ったのかは想像もつきませんが、薬物依存の経歴から推測すれば確たる信念に基づいたものではなさそうに思えます。



欧州の情報は知っているようで、こういう現代史の暗部にまだ直接繋がる時代に、今を生きている我々がいることにあらためて驚かされます。ドイツ国歌が三番を歌うことは知りませんでした。戦後70年が過ぎようとしていますが、ヨーロッパにもアジアにもその戦争はまだ大きな影を落としています。


関連記事

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

Tag : ピート・ドハーティ,ナチス,国歌,薬物依存,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。