スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊る大捜査線3で深津絵里だけ「出世」できず




青島刑事の大活躍で一世を風靡し続ける「踊る大捜査線」シリーズ。
テレビドラマが出発点でしたが、すでに映画の大作シリーズとして
すっかり定着した感がありますね。


もちろん織田裕二演じる青島刑事のキャラクターが際立っているのが
作品の魅力なのですが、柳葉敏郎扮するエリート官僚の室井慎次や、
亡くなってしまったいかりや長介さんが演じたいぶし銀の味わいの
和久さんや、ユースケ・サンタマリアなどの助演陣の活躍は欠かせな
い魅力を形成しています。


深津絵里の満月のくちづけ


中でも湾岸署刑事課盗犯係巡査部長の恩田すみれを演じる深津絵里の
存在は、単に女性の配役というだけには止まらず、作品のなかでは
青島に対するバランスをとるような位置付けになっているほど、重要なな役割を果たしています。


そんな恩田すみれも前作では銃撃されるなど散々な目に遭っています
が、他の出演者は軒並み出世したのにもかかわらず、今作でも「据え
置き」だそうで、ちょっぴり可哀想な気もしましたね。
関連記事

テーマ : 女優 - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : 踊る大捜査線,深津絵里,織田裕二,青島刑事,柳葉敏郎,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。