スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北川悦吏子のツイッター発言で炎上




ツイッターはシステムであり、慣れればだれでも使いこなせる、
と言うのが北川悦吏子の意見で、「器械やシステムを使いこなす
ことが、エライ、とおもうってのバカみたい」とまでつぶやいっち
ゃったモノですから、これは有る意味炎上覚悟だったのかもわかり
ません。


発端となったのは「これから事件談話をします」と北川悦吏子が
わざわざ前置きした上で、「ツイッターが出来ることを、なんて
そのように人は自慢するの?出来ないことをなんで、そのよう
に下に見るの?」とつぶやいたことから始まりました。


まさかレーティング対策に?と言う疑念も有るそうですが、まさかね。


原作 柴門ふみ、脚本 北川悦吏子の強力タッグの青春もの!あすなろ白書


「ツイッター」利用者に反発するようなツイートが原因で、事件の
ツイートはすでに削除されていますが、騒ぎは今でも続いているよ
うです。


フジTVで親近感のドラマ「素直になれなくて」。
ただ今旬のツイッターを題材にした新ニュアンスのトレンディドラマ
ですが、このドラマの原作とシナリオを手がけたブレイクメーカーの
北川悦吏子が、そのツイッターでの談話が起爆剤となって炎上してし
まう騒ぎが勃発したそうです。
関連記事

テーマ : フジテレビ - ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag : 北川悦吏子,ツイッター,炎上,素直になれなくて,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。