スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤ローサが「富美子の足」で脚線美を披露




グラビアアイドルの生足もよろしいですが、趣向を変えて耽美派の文
学的なおみ足はいかがでしょう?


太宰治や芥川龍之介、谷崎潤一郎ら昭和の文豪の短編小説を30分の
ドラマで表現した「BUNGO -日本文学シネマ-」が、渋谷シネセゾン
で2週間限定のレイトショー公開されていますが、いちおしが
加藤ローサが芸者を演じている「富美子の足」です。


「富美子の足」は、女性の脚をめぐって様々な思惑が錯綜する、いわ
ば「脚フェチ」の物語です。


芸者として生きる富美子を演じる加藤ローサは、「脚に執着する男
、脚に魅かれる青年、脚で優越感を得る女と、脚をめぐる三者三様
の欲望が一見理解し難いけれど、興味深く描かれている作品だと思
いました。 登場人物それぞれの心の動きと、表情の変化に注目し
て観て欲しいと思います」と見どころをコメントしています。


TVドラマ【女帝】加藤ローサ


作品では、愛人の美しい脚に執着する老人の凄まじいまでの偏愛を
描き出しており、加藤ローサの体当たりの艶っぽい演技が作品に妖し
いまでの輝きを照らしています。
関連記事

テーマ : 女優 - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : 加藤ローサ,富美子の足,脚線美,脚フェチ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。