スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安岡力也の壮絶「ギランバレー症候群」闘病生活




あの壊してもビクともしない風だった安岡力也が、こともあろうに
自ら動くこともままならなかった凄絶な体験を赤裸々に語りました。


身長は187センチ、体重も100キロ超の巨漢にして、キックボクサー
の経験や数え切れない武勇伝の持ち主である安岡力也が、10万人に
1人という難病「ギランバレー症候群」と壮絶な闘病をしていました。


安岡力也がギランバレー症候群に冒されたのは2006年でした。
突然寝たきりになって、手は物を掴むことも出来ず、全身が常に痺
れた状態に陥ったそうです。


さらに追い討ちをかけるように呼吸筋にも嚥下筋にも障害が出て
呼吸困難を起こして、話すことも、食べ物を飲み込むことも
不可能になったため、気管を切開して人工呼吸を施した上、右わき
腹に管を通しての栄養補給の毎日だったようです。


不良番長 一網打尽


闘病生活3年目にしてようやく歩けるようになり、体重も元に戻った
そうですが、リハビリ生活は続いており、節制した生活ながら芸能界
復帰を願っているそうです。
関連記事

テーマ : 芸能一般 - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : 安岡力也,ギランバレー症候群,闘病,呼吸困難,人工呼吸,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。