スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人男性が日本の女性をとりこにする理由




なるほど、弱弱しい「草食系男子」が跋扈する泰平日本よりも、
逞しい韓国男性が注目されているわけですね。


ヨン様、ペ・ヨンジュンが火をつけた韓流ブームですが、いまでは
すっかり定着して、「冬のソナタ」の第一次ブームから、「宮廷女官
チャングムの誓い」のイ・ヨンエの第二次ブームも過ぎて、第三次
ブームが到来しているそうです。


主役となっているのは、4月に活動休止を発表して日本はおろか、
母国韓国、中国にまで大きなため息をつかせている東方神起を
筆頭に、BIGBANGやSS501、超新星などのKPOPグループが牽引して
いる人気のようです。


なにしろ軍隊への勤務が義務となっている準戦時体制の国歌です
から、男子たるもの兵役を終えて初めて一人前とされる気風が
定着していることもあって、ナヨナヨ型はお呼びじゃない筋肉
隆々タイプがウジャウジャいることも特徴となっています。


アン・ジェウク初のファンミーティングDVD!


その上アジアのラテン系と呼ばれるだけあって、愛情表現はストレー
トで、細やかなサービスがもれなく、となれば韓国男性が人気となっ
ても無理からぬ気もしますね。


記事で取り上げられているテレシネマのアン・ジェウクにしても、
優しさは日本人の10倍、逞しさは2倍って感じがしますからねえ。
関連記事

テーマ : 韓国俳優 - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : 韓国人,女性,アン・ジェウク,テレシネマ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。