スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB48「社長と不適切関係」報道に1億5千万の訴え




今や名実共に日本を代表する人気アイドルグループとなったAKB48
ですが、ショッキングな記事が週刊誌に掲載されてしまいました。


AKB48をマネジメントしている会社「AKS」と窪田康志社長が、
週刊文春の誤報で名誉を侵害されたとして、発行元の文芸春秋や
記者らを相手取って合計約1億5000万円に上る損害賠償や謝罪広告
の掲載を求めて東京地裁に提訴しました。


訴えられた文芸春秋の社長室では「記事内容には自信を持っている
」としており、法廷での全面対決の様相を呈してきました。


訴訟の論点は、週刊文春の2月18日号の記事で、窪田社長とAKB48の
篠田麻里子らと「不適切な関係」があった、という点です。


篠田麻里子 Pendulum MOVIE


AKS側では「記事内容は全くの事実無根で、社長やメンバーらに
回復困難な損害を与え、AKB48の活動にも深刻な影響を及ぼしている」と訴えています。


さて事実はどのように解明されるのでしょうか?
関連記事

テーマ : 芸能ネタ - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : AKB48,社長,1億5千万,篠田麻里子,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。