スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナが「浅田真央に申し訳なかった」




当時の大韓民国マスコミは「中央に慣れたヨナ、2位に慣れた浅田
真央」とずいぶん皮肉のこもったコピーで紹介していましたね。


キム・ヨナがスケートが上手いのは当たり前なのですが、もうひとつ
、歌が滅茶苦茶上手いんですよね。


ワールドカップの大韓民国の応援歌もBIGBANGと競演していますし
、ハナ歌でも上手いですから、レコーディングのオファーも多いこ
とでしょう。


トリノのハプニングとは、受賞セレモニーの記念ロケの時に、銀メ
ダルだったキム・ヨナがうっかり立つ位置を間違えて、浅田真央が
本来立つはずの中央に立ってしまった、と言うものです。


そんなキム・ヨナがカン・ホドンの「黄金漁場 ひざ打ち道士」で
、トリノ世界選手権大会で「浅田真央に申し訳なかった」と告白し
て注視を集めています。


キム・ヨナ専属モデルBBクリーム!!【ラクベル】


キム・ヨナ記者に注意されるまで気づかなっかたもので、すぐ右側
に移動したものの、報道映像で流されるのを見てたいそう驚い
たそうです。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

Tag : キム・ヨナ,浅田真央,トリノ,カン・ホドン,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。