スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レディー・ガガのPVは宗教への冒涜か?




第2のマドンナとも呼ばれるレディー・ガガの新作「アレハンドロ
」のビデオクリップが宗教への冒涜に当たるのではないかと、物議を
醸しています。


これまでに発表された3枚のアルバムの国内でのセールスが100万
を越えているレディー・ガガの最新曲「アレハンドロ」のビデオクリップがオフィシャルサイトで公開されていますが、その内容がどうも
過激で話題となっています。

レディー・ガガの最新ビデオクリップ「アレハンドロ」は、動画サ
イトのYouTubeで、たった2日間で実に1100万回以上も再生されると
いう記録を樹立しました。


このPVの中では、尼僧の衣装やロザリオを食べるシーンなどが表現
されており、海外では話問題作として大きな関心を集めています。


このPVの監督は、マドンナの写真なども担当した写真家のスティー
ブン・クラインで、ダンスの場面はミュージカル「キャバレー」の
オマージュとなっています。


■レディー・ガガ【ザ・リミックス】


問題となっているシーンは「あれは宗教への冒涜ではなく、自らの
内に“聖なるもの”を取り込むという象徴」との意図があるそうで
すが、いささか刺激的過ぎたようですね。
関連記事

テーマ : 女性アーティスト - ジャンル : 音楽

Tag : レディー・ガガ,PV,,アレハンドロ,ロザリオ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。