スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路恵子の四男、36歳元俳優が自殺




どうしてこういうことになってしまうのか、言葉もありませんが、
菅首相が日本の年間の自殺者数を問題とした矢先でした。


淡路恵子が俳優の故萬屋錦之介との間にもうけた四男で、元俳優の
井田哲史さんが東京都新宿区の自宅アパートで死亡していたことが
明らかになりました。


担当した警視庁戸塚署の調べでは、自殺の可能性が高いとされて
います。

井田哲史さんは、萬屋希之照の芸名で、6歳から歌舞伎座俳優として
活動を始め、1997年にはNHKの大河ドラマ「毛利元就」に、萬屋吉
之亮の名前で出演もしていました。


ところが、2004年1月に窃盗事件を起こして、執行猶予中には淡路
恵子宅に不法侵入して、懲役6ヶ月の実刑判決を受けています。


最近の3年間は、アルコール依存症と薬物中毒だったともいわれて
います。


井田哲史さんはひものようなもので首をつった状態で死亡している
のを知人に発見されたもので、すでに都内の斎場で密葬は終えてお
り、現在淡路恵子は憔悴しきった状態だということです。


ぷりてぃ・ウーマン/淡路恵子 アワジ ケイコ


淡路恵子には最初の結婚相手のフィリピン人歌手の故ビンボー・ダ
ナオさんとの間に二人の子供がおり、再婚した故萬屋錦之介との間
に二人の子供いましたが、故萬屋錦之介との第1子の晃廣さんも、1990年7月に、バイクの事故で22歳の若さで他界しています。
関連記事

テーマ : 芸能界のニュース - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : 淡路恵子,四男,自殺,井田哲史,萬屋錦之介,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。