スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKIOの新曲「-遥か-」が禁断の手?で首位




世界的な構造不況の影響は当然音楽業界にも及んでいますが、
まさか芸能界に冠たるジャニーズのTOKIOが禁断の手を使った
とは・・・?


問題となっているのは、TOKIOの新曲「-遥か-」が、6月28日付の
オリコン週間ランキングで、2年7カ月ぶりに首位を獲得した経緯の
ようです。


新曲「-遥か-」は日本テレビの「ザ! 鉄腕! DASH!!」のテーマ
ソングでもあり、なじみ深い曲でした。


CDの発売1初週で49000枚を売り上げましたが、2位のSound Horizon
の「イドへ至る森へ至るイド」の売上がわずか2000枚差の47000枚
で、TOKIOが何とか首位を奪取したのですが、その逆転劇に疑問の
目が向けられているようです。


今では誰もが用意する豪華特典ですが、今回TOKIOも豪華特典を実
施して売上拡大を狙いました。


ところが、さほど売上は伸びない上に、初日から3日間連続で首位を
Sound Horizonに奪われていました。


そこで土日に急遽開かれたのが「TOKIOスペシャルDAY」で、期間中
に対象店でCDを購入すれば、オリジナルクリアファイルが貰えると
いうキャンペーンでした。


TOKIO/-遥か- [通常盤] 


このキャンペーンが効いて2日間で22000枚を売り上げて、よやく1
位を獲得したのですが、一部では「売上至上主義はTOKIOに合わ
ない」「TOKIO必死すぎだろ」という批判の声も出ています。


さらには、「いくらキャンペーンだからって2日でそれまでの累積
枚数を売り上げるのは、ファンの力だけでは不可能」と、暗に自社
買いの疑いまでささやかれることとなっています。
関連記事

テーマ : 芸能界のニュース - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : TOKIO,遥か,首位,鉄腕,イドへ至る森へ至るイド,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。