スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ジャクソンの急死で父親が専属医を訴える




信じられない夭折から早くも1年、キング・オブ・ポップスの
マイケル・ジャクソンは、亡くなってこの1年で890億円もの収益
を記録したそうですが、またその周辺が騒がしくなりそうです。


マイケル・ジャクソンの死因を巡っては、これまでにも専属の医師の
名前が幾度も取り沙汰されて来ましたが、ついにマイケルの父親、
ジョー・ジャクソンが、専属医のコンラッド・マーレイ医師を相手
取って、訴訟を起こしました。


訴状によれば、強力な麻酔剤を投与して死亡させたとして、損害賠
償を求める訴訟をロサンゼルスの連邦地裁に提訴したものです。


マイケル・ジャクソン【キング・オブ・ポップ-ジャパン・エディション】


コンラッド・マーレイ医師については、すでに過失致死罪で訴追され
ており、現在も刑事裁判が続いていますが、民事での提訴は今回が
初めてとなります。
関連記事

テーマ : マイケル・ジャクソン - ジャンル : 音楽

Tag : マイケル・ジャクソン,急死,父親,専属医,提訴,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。