スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方神起の3人が所属事務所を提訴




これは、東方神起のヒーロー・ジェジュン、ミッキー・ユチョン、
シア・ジュンスの3人が、韓国の所属事務所で有るSMエンターテイ
ンメントを相手取って、専属契約効力不存在確認を求める訴訟を起
こしたモノです。


すでに昨年10月には専属契約の一部無効は認められていますが、その
後も互いの主張を確認する訴訟は続いており、この回の損害賠償請
求も、裁判長期化に結びつくモノとして、ファンは失望感を露にし
ています。


昨年夏より激震に襲われている韓国を代表するユニットの東方神
起の裁判事件ですが、専属契約の無効を求める訴訟合戦に続いて、
この回は損害賠償の訴訟合戦が激しくなって来ました。


また、SMエンタテインメントが東方神起で得た収益は「無効専属
契約」によるモノだとして、3人にまず10億ウォンずつ、総額では1
人当たり約100億ウォンを支払うように求めています。


美しいハーモニー☆東方神起クリスマスアルバム


3人の主張は、デビューから13年にも渡る契約期間は極めて長く、
事実上の終身契約にあたるとしており、また契約破棄時にメンバ
ーが支払うべき損害賠償金も高額過ぎる、と言う主張です。
関連記事

テーマ : 東方神起 - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : 東方神起,3人,所属事務所,提訴,100億ウォン,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。