スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パク・ヨンハを追い詰めた?韓国ネチズンの攻撃




自殺を図った日の夜には、登板が決定していたドラマの打ち合わせ
を連絡もせずに欠席して、出店予定だった日本人向けレストラン事
業をともにおこなう知人とマネジャーの3人でお酒をのんでいました。


礼儀正しくて律義なことで知られる上に、新しいドラマにも熱意を
みせていたパク・ヨンハには、今迄にない行動でした。


日本に大きな韓流ブームをもたらした「冬のソナタ」の準主演俳優
を自殺にまで追い詰めたものが一体なんであったのか、大韓民国は
もちろん日本でも高い関心が寄せられています。


パク・ヨンハは、兵役延期申請を繰り返した後の2007年に「角膜に
異常が有る」との診断書を提出したことで兵役を免除されていますが
、「診断書は偽造だ」とのインターネットの書き込みが相次ぎました。


実はパク・ヨンハも嘗て激しいインターネットでのバッシングを、
兵役拒否疑惑をきっかけに受けていたことがありました。


午前4時には「死にたい。すさまじくつらい」と、バスケットボー
ルチームの後輩に向かって、電話で話したことも報道されています。


末期ガンを宣告されている父親に対する深い愛情を示す孝行息子の
顔も見せながら、どうして彼は死を選ばなければいけなかったので
しょう。


韓流スターのパク・ヨンハの衝撃的な自殺は、後日も大韓民国内外に
ウェルテル効果が心配される事態ともなってきています。


パク・ヨンハCD/ONE LOVE ~笑顔であふれるように~


日本の韓流ブームで大好感度だったためか、「日本人になれ!」との
心ない悪口までが巻き起こっていたみたいです。


このことが直接の原因ではないにせよ、かなり痛手を蒙ったことは
容易に推察が付きます。
関連記事

テーマ : パク・ヨンハ - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : パク・ヨンハ,韓国,ネチズン,ウェルテル効果,自殺,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。