スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クォン・サンウが熱血新人検事になってコ・ヒョンジョンと「大物」





指揮を執るオ・ジョンロク監督によれば、「クォン・サンウが、
終始、真摯な態度で演技にいどんでいる」と語り、悪印象を
冒してしまった分の挽回をドラマで果たせるかなくれみたいです。
日本でのファンミーティングも圧倒的な好感度でしたからね。



大韓民国俳優として日本でも大好感度のクォン・サンウですが、大変
意義深い映画「砲火のなかで」も絶賛公開中の最中に起きた当て逃げ
事件、結婚してカワイイ子供もいる父親としてもどうか、と言う声も
ありましたが、スケジュールされていたドラマには登場出来るよう
で、良かったです。



走りまわる、となりますとおもい出されるのは、チェ・ジウと
競演して、クォン・サンウを一挙にスターダムへと押し上げた
「天国の階段」をおもい出しますが、「悲しき恋歌」といい
一作ごとにイメージを変えて来たクォン・サンウの検事ぶりに
注視が集まっています。



撮影現場に、グレーのスーツ姿で捜査に必要な書類かばんを持って
姿を現したクォン・サンウは、早朝からひたすら走りまわって、
グレーのスーツが汗でびっしょり濡れるほどの熱演を展開しました。



10月6日からオンエアが始まるSBSの新水木ドラマ「大物」は、
アナウンサー出身で大韓民国の歴史上初となる女性大統領に
当選するソ・ヘリムに、去年「善徳女王ン」のミシル役で
絶賛を浴びたコ・ヒョンジョンが扮することでも大きな話題
となっているようです。



クォン・サンウ、先日の当て逃げ事件が罰金刑で済んでよかった
モノの、一歩間違えれば韓流スターの地位を失うピンチでした。



クォン・サンウ「シンデレラマン」



クォン・サンウは、このドラマでは正義に燃える熱血派検事の、
ハ・ドヤ役を体当たりで熱演しています。
関連記事

テーマ : 韓国エンタメ - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : クォンサンウ,映画,結婚,子供,ドラマ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。