スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK「コンカツ・リカツ」に大阪弁護士会がNG



NHK、痛いところを突かれた格好です。
時代考証や背景については慎重すぎるほどの配慮を
みせるNHKですが、職務管掌についてはお勉強が
足りなかったのかもしれません。



4~5月に8回放送されたドラマ「コンカツ・リカツ」で、
劇中行政書士役が離婚問題をアドバイスするシーンが登場、
これを大阪弁護士会が「弁護士以外が報酬目的で法律事務を
取り扱うことを禁じた弁護士法に違反する」として、
NHKに抗議書を送ったものです。



何事かなければ、日常生活ではあまりお目にはかからない、
弁護士と行政書士ですが、仕事は共に法律関係でも
内容はまるで違っています。



行政書士はその名の通り、法文書作成が本文ですから、
法律相談には応じることは出来ません。



よほどお芝居がすばらしかったか、
そういう問題に疎かったか、
いずれにせよ演出家やプロデューサーを含め、
NHKの責任である公算は大きいですね。

コンカツ・リカツ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090730-00000078-yom-ent
関連記事

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag : NHK,コンカツリカツ,大阪弁護士会,ドラマ,行政書士,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。