スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rain(ピ)・JYP、告訴されていたワールドツアーの訴訟控訴審も勝訴





公演プラン会社well madeスターエムが、「ワールドツ
アー前払金を払って欲しい」とRain(チョン・ジフン)
とRainの元所属事務所のJYPエンターテイメントを相手
に提訴していた損害賠償請求訴訟で、ソウル高裁は、
原告敗訴の判決を下しました。



100億ウォンだとおもうのですが、其れでも日本円で約
7億円にも上る損害賠償を起こされていたわけですから、
チョン・ジヒョンとの熱愛事件何処ろではない、桁の
途方もないトラブルだったんですね。



前払い金の巨額さにもびっくりですが、公演が途中で
中止されて一番の被害者はファンですから、裁判も重要
ですが、興業会社もこの辺りへの配慮も必要だったのでは、
とも考えますね。ファンミーティングとかの挙行も場合に
よっては必要かも分かりません。



韓国から世界に羽ばたくRain(ピ)ですが、ドラマ
「逃亡者」への期待が高まるなか、ワールドツアーの
訴訟では勝訴の判断が下されました。



Rain(ピ)もワールドスターといわれるだけあって、
そのトラブルもスケールが大きいです。



判決理由として裁判所では「北米コンサートが取り
消しになったことに対する責任は、well madeスタ
ーエムに有る。JYPエンターテイメントとRainが、
前払金100億を返還する必要はない」と判断したモノです。



アジアのスーパースターRain(ピ)初のプライベート映像DVD



さらに高裁側は「北米公演取り消しだけではなく中国
公演取り消しの原因も、歌い手Rainではなく全部ツアー
をプランしたスターエムが解決する義務が有る」とも付
け加えています。
関連記事

テーマ : RAIN(ピ) - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : rain(ピ),韓国,チョンジヒョン,コンサート,熱愛,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。