スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方神起のジェジュン・ジュンス・ユチョンの3人が日本での活動を停止





ファンのサイトが悲鳴をあげる中、日本でのマネジメントを
担っているエイベックスが公表したのは、まさにショックでした。



エイベックスは、3人の活動の為設立された事務所と専属契約
を締結していましたが、その事務所の幹部に大韓民国の黒い人
脈が含まれていたことが判明したものです。



SMエンターテインメントに残っているユノ・ユンホと
マックス・チャンミンとの再開が望まれる東方神起
ですが、今後は大韓民国の裁判の行方が重要となって
来ました。



活動休止の公表以来ファンをやきもきさせて来ましたが、
シア・ジュンス、ヒーロー・ジェジュン、ミッキー・ユ
チョンの3人で展開されてきたユニット、JJYが活動3ヶ月
で日本での活動をストップすることが公表されました。



大韓民国内での活動がおもうようにならない
3人にとって、日本での活動は生命線でも有ります。



復活を強く望むファンにはショックでしたが、解散したわけ
でも今後はの活動再開の道がないわけでも有りません。



反面、大韓民国でのバックボーンだった代表との関係がなくなれば、
5人での活動に向けたSMとの和解にいい影響となる可能性も
指摘されており、今後はの動向に波紋が広がっています。



この事態を受けて、東方神起の5人での活動再開に向けて、
又事態が複雑化した、と観る向きが一般的です。



東方神起 History in JAPAN SPECIAL



エイベックス側では、公式サイトで「コンプライアンス重視の
経営方針」とし、苦渋の決断だった発言しています。
関連記事

テーマ : 東方神起 - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : 東方神起,ユチョン,解散,チャンミン,復活,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。