スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押尾学の母親が面会して「息子はアメリカ暮らし長く法律が分からない」

押尾学の母親も裁判の判決後初めて面会したようで、
わずか10分程度しか話せなかったみたいですが、押尾
学被告は「ママ」との久々の再会を喜んた状態だった
みたいです。



さしもの押尾語録で知られる押尾学も拘置所暮らしは
こたえるようで、接見した嶋慎一郎弁護士に「広いと
ころを走りたい」とこぼしたみたいです。



ピーチジョンの野口美佳社長や逃げ切った?有名人の
方々はホッとしていることでしょうが、控訴もしている
ことから、これからは道連れになる可能性はまだまだ残
されています。



流石押尾ママと感じさせたのが、母親が野嶋弁護士に
「息子は米国暮らしが長く法律のことが分からない
ようなので、よく教えてあげてほしい」と頼んだ、と言う
下りでしょうか。



保釈金は野嶋弁護士によれば「1000万円ぐらいになる
のでは」と話し、「親御さんが出すかどうかは決まって
いないが、用立てる必要が有る場合に備えて準備してあ
る」と言うことですが、野口社長とかが出すのでしょうか。



未成年の子供じゃ有るまいし、米国の法律じゃ、
合成麻薬も救命しないのも法律違反じゃない、とでも
思っているのか、首を傾げたくなるコメントですね。



麻薬・向精神薬・覚せい剤管理ハンドブック



去年8月に合成麻薬MDMAをともに服用、容体が急変した
ホステスの田中香織さんを救命しなかったとして、保
護責任者遺棄等の罪で懲役2年6月の実刑判決を受けた
押尾学が、裁判所に保釈申請をしたみたいです。
関連記事

テーマ : 芸能界のニュース - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : 押尾学,田中香織,裁判,実刑,語録,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。