スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方神起の今年の日本での売上、嵐に続き2位の94億円を記録








来年1月5日には所属のSMエンターテイメントに留まった
ユンホとチャンミンが2人で東方神起を再開させますが、
新曲の報道以上に裁判のこれからはの展開や動向が注視
されています。



そんな中さすが東方神起と言う報道が、オリコンが2
に公表した「オリコン年間ランキング2010」で、韓国の
グループで唯一東方神起が、アーティストトータルセー
ルス全部門で2位にランクインしたことでした。



この報道に韓国のマスコミは、東方神起が3月から日
本での活動を中断したにもかかわらず、堂々の2位に
なったと大感無量の報道を展開しています。



一方韓国マスコミでは、オリコンの東方神起に対する評価
も紹介しており、「日本で最高のグループで有る嵐に匹敵
する成長を見せた東方神起は、チームが活動を中断した状
態だが、その足跡はこうして残り、ファンたちの追憶にず
っと残る」と伝えています。



東方神起は、ベストアルバム『BEST SELECTION 2010』と
29番目のシングル『BREAK OUT』、30番目のシングル『
時ヲ止メテ』で、総108万7390枚のセールスをレコードし
て、総合売上金額では、94億3100万円(約1300億ウォン)
と言う数字をレコードしました。



HISTORY in JAPAN Vol.4/東方神起



先日東方神起から生まれたユニット、JYJのジュンス、
ジェジュン、ユチョンの3人のメンバーが韓国の聯合
報道のインタビューに答えて、東方神起へのおもい
語ったことはファンブログでも途方もない波風を広げました。



関連記事

テーマ : 東方神起 - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : 東方神起,ブログ,ニュース,裁判,新曲,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。