スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2PMの元メンバー・ジェボムの事務所が、パク・チニョンに詰め寄る








現在パク・チェボムが所属しているsidusHQ側は、KBS「常
勝疾走」でパク・ジェボムにかんするパク・ジニョンの談
話に対して、公式ニュース資料で「パク・チニョン氏の談
話に遺憾を表わす。パク・チニョン氏は“真実を明らかに
すれば、この友人が傷つく。護る為に明らかにしない“と
言う雰囲気で、かえってチェックできないあらゆる推測を
呼んだ」としています。



しかもサイダスHQは、「保護と言う名の無責任な談話で、
パク・ジェボム君はもう一度傷を受けた」としています。



アメリカでしばらく過ごした後に再び大韓民国でこの回は
ソロとして活動を始めたジェボムですが、所属事務所が以
前の取り取扱いに異議を唱え始めました。



サイダスHQ側では「今年7月sidusHQがパク・チェボム君を
迎えて明らかにしたように“彼は思慮ふかく心が広い青年
であり、あこがれに向って休みなく疾走している若々しい
友人”だ」として、「このようなチェボム君が元所属会社
によって、これ以上傷つかずに活発に活動することが出来
るように願う」と見解を明らかにしています。



追及の手は緩められず、「“明らかにすれば傷つく”とい
うパク・チェボム君のことがかえって気になる。チェボム
君が傷つく為に明らかにしないことは何なのか、JYPエ
ンターテイメントは堂々と明快に明らかにするように願う
。正確な事実を明らかにしないまま、空の雲をつかむよう
な話で大衆に苛立たしさと気掛かりを増幅することそのも
のが、パク・チニョン氏が言う“欺瞞”ではないか」と鋭
い指摘を放っています。



パク・チェボム(Jay Park) 「2PM」 - 信じてくれ ポスター付き



昨年のパク・ジェボムの2PMの電撃脱退事件は記憶に新し
いところですが、彼の大韓民国蔑視談話に続いての、JYP
のパク・ジニョンの取り取扱いや談話は内容がよく分かり
ませんでした。



関連記事

テーマ : 韓国エンタメ - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : 2pm,ジェボム,脱退,パクチニョン,jyp,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。