スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国映画「戦火の中へ」、予告編が先行公開へ








今作の監督には『私の頭の中の消しゴム』や『サヨナライ
ツカ』でその名を知られるHITメーカー、イ・ジェハン
があたり、実話に胸を打たれて戦争映画と言う新たな分野
へのチャレンジを快諾したそうです。



1950年の朝鮮戦争勃発から60年を迎えた今年、韓国映画界
が総力を結集して制作した超大作は、実際の戦闘で命を落
とした少年が母親宛につづった手紙が発見されたことで、
忘れられた真実にスポットを当てるべく制作された作品で
、予告編が先行で解禁されました。



時おりしも北朝鮮の延坪島への砲撃で、朝鮮半島の緊張
が一躍高まっている時期でもあり、隣国の現代史を知
るチャンスとしては好適な映画となっています。



一方の北朝鮮軍のパク・ムラン隊長には、持ち前のカリス
マ性を発揮する、『シークレット』のチャ・スンウォン、
そして、学徒兵たちに父親のように慕われるカン・ソクテ
隊長に『アイリス THE LAST』のキム・スンウが登場する
豪華な布陣となっています。



注目のキャストには、学徒兵のリーダーとなる主人公オ・
ジャンボム役に、本作が本格的映画デビューとなる好感度
グループBIGBANGのT.O.Pが、ジャンボムとの敵対関係を乗
り越え、男どうしの固い絆で結ばれていくガプチョに扮す
るのは『美しき野獣』のクォン・サンウが扮しています。



指揮を執ったイ・ジェハン監督は、朝鮮戦争と言う巨大
なトピックについて「朝鮮戦争には1本や2本の映画では語
り尽くせない、あまりにも多くの悲劇が存在します。
このことは忘れ去られてはいけないといえるでしょう。
この痛みと歴史意識を持っていてこそ、より良い未来を
築くことが出来るのではないでしょうか。若い世代にとって、
この映画が過去をより深く知るきっかけになれば嬉しい
です。」と語っています。



【韓国映画】「戦火の中へ」クォン・サンウ



BIGBANGのT.O.P、クォン・サンウなどゴージャスなキャスト
で描かれた韓国映画の「戦火の中へ」は、大統領府で
も上映されたほどのトピック作で、朝鮮戦争60周年の記念
作品ともなっています。



テーマ : 韓国映画 - ジャンル : 映画

Tag : 韓国映画,戦火の中へ,クォン・サンウ,T.O.P,BIGBANG,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。